遺族年金が支給されるチャンスがあります

人が亡くなると、遺族年金を受給できる場合があります。
遺族年金というのは、実は正式な呼び方ではありません。

国民年金から支給される遺族基礎年金、死亡一時金、寡婦年金、
厚生年金保険から支給される遺族厚生年金、中高齢寡婦加算や経過的寡婦加算、
厚生年金基金から支給される遺族給付金といったものも含めて、
死亡に係る給付として受給できるものをまとめて遺族年金と一般的に
呼んでいます。

遺族年金は、一般的には、故人が生計を維持していた方がいる場合に
受給できることになっています。ただし、どんな人がどんな名称の給付を
受給できるかというのは、実は大変複雑です。

故人が生計を維持していた方がいる場合に、遺族年金がもらえる可能性がある
ということを前提に、まずは、もろもろの事情に詳しい遺族の代表が
故人と自分自身の年金手帳をもって、社会保険事務所に行きましょう。

社会保険事務所では、故人の家族関係やこれまでの就労の実績を照会し、
どのような年金が誰に支給されるのか、また裁定請求の際に必要な
添付書類を指示してくれます。

«
 

トラックバックURL