カテゴリー: 税金を味方につけよう

遺族年金が支給されるチャンスがあります

年金を受給している方が亡くなられた場合には、残りの年金がもらえます。これを未支給年金といいます。

人が亡くなると、遺族年金を受給できる場合があります。
遺族年金というのは、実は正式な呼び方ではありません。
“遺族年金が支給されるチャンスがあります”の詳細は »

お香典や弔慰金と相続 の取り扱い

葬祭料などについては、通常の程度の価格ならば、相続税の対象になることはありませんよ。

香典の意味は葬式費用の一部を負担し、亡くなった方の家庭の負担を軽くするという意味があります。香典は喪主を通じて葬儀費用として当てられます。残った分は相続人の間で分配することもできます。
“お香典や弔慰金と相続 の取り扱い”の詳細は »

相続と控除される贈与税 は規定がちがいすぎる

相続では、贈与税の配偶者控除と相続税の同じ名称の控除とは全然というほどに内容を異にするので注意です。

婚姻期間が20年以上である夫婦間(内縁関係は除く)での贈与には、お得な制度があります。これを贈与税の配偶者控除と呼びます。相続税の配偶者控除とは異なりますので注意してください。
“相続と控除される贈与税 は規定がちがいすぎる”の詳細は »

相続と離婚の財産分与のことを勉強する

離婚を手段として贈与税もしくは相続税逃れを図ったと認められる場合は、その財産を贈与によって取得したものとみなして取り扱かわれてしまいます

基本的に離婚の上に財産を分与する場合には贈与とはみなされません。
しかし不動産の分与では贈与者に所得税が課税されることがあります。
“相続と離婚の財産分与のことを勉強する”の詳細は »