タグ: 家庭裁判所

遺言書の有無は調査しないとわからないです。

自分が遺言書を書いたことを相続人には伝えておくことが賢明です。 遺言書の存在をまったく知らなかった場合、自筆証書遺言であれば探してもらえないこともあるかもしれません。 公正証書遺言にしても、公証役場に問い合わせをしなければ、見つからないからです。

被相続人が遺言をしていた場合には、原則としてその遺言に従って
財産を処分することになります。したがって、遺言の有無を調査する
必要があります。
“遺言書の有無は調査しないとわからないです。”の詳細は »