遺留分減殺請求権について知っておきましょう

 遺留分とは、民法で定められている一定の相続人が最低限相続できる財産のことをいいます。
亡くなった被相続人に遺言書があり、被相続人の財産は被相続人の晩年の面倒を看ていた二女に全て相続させると書いてあり

ました。二女が全ての財産を取得し、他の法定相続人はなにも相続できないのでしょうか。

遺言書がある場合には、遺言書に従わなければなりません。しかし、相続人の中でも、兄弟姉妹以外の相続人である配偶者、子(孫)、両親(祖父母)には遺留分といって、相続分の一定割合を取り戻すことができます。
この遺留分は、両親(祖父母)のみが相続する場合には、2分の1となります。子の場合の遺留分は遺留分2分の1×相続分2分の1で4分の1となります。

したがって、この場合長女は相続財産の4分の1の返還を求めることができます。これを遺留分減殺請求権といいます。この遺留分減殺請求権については、相続開始、および自分の遺留分が侵害されていることを知った日から1年、あるいはそれを知らなくても相続開始の日から10年を過ぎると、時効で消滅します。

«
»
 

トラックバックURL