親の面倒をみなくなった兄弟

親が高齢になると、兄弟のなかで誰が面倒をみるのかという話がでるようになります。
真摯に親のことを任せてくれ、と言いその通りに面倒をみてくれているならばいいのですが、
必ずしもそうでない場合があります。

例えば、姉が母親の面倒をみると言う約束で、姉が父親の半分を相続するという
遺産分割協議に母と私が応じたとします。
しかし、姉が母親のことを全く面倒をみることなく、逆に虐待しており、
遺産分割協議を破棄したいと考えているとします。

最高裁ではお姉さんが約束を守らないとしても、遺産分割協議を破棄して
白紙に戻すことはできないとしています。
この判例は、お母さんの面倒を見ることを条件に想定相続分よりも多い遺産を取得したにもかかわらず、お母さんの面倒を見なかったという事案です。
そこで、ほかの相続人が約束を違反したということを理由に遺産分割協議の楷書を求めたのです。

しかし最高裁では遺産分割協議の解除を認めませんでした。解除を認めてしまうと、遺産分割協議を何度もやり直しすることになって、いつまでも権利関係が決まらないことになってしまうからです。

«
»
 

トラックバックURL