借金まで相続したくない時の話

亡くなられた方がプラスの財産だけ残されるケースばかりではありません。
中には、負の財産の方が上回っている場合があります。
負の財産、つまり、借金です。

財産も借金の引き継ぐのが相続ですが、明らかに借金の方が上回っている場合は、「相続の放棄」を選ぶことができます。
他にも放棄の理由として、昔からの家業を継ぐため、土地や建物を長男にそっくり相続させるケースや、母親(あるいは父親)の老後の生活資金として、財産を譲りたい、というケースもあります。

ここで気を付けたいのは、その期限。

そうです。放棄の手続きには期限があります。
それは、『3か月』です。

この期間中に、家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出まですまさなくてはなりません。

耳にされたことがあるかもしれませんが、この『3か月』というのが、
いつからの3か月をさすのかを、迷われる方がたくさんいらっしゃいます。

では実際に、いつから3か月なのでしょうか。
それは、「相続発生を知った時から3か月以内」になります。
ですから、故人がお亡くなりになったのを一定期間知らなかった場合は亡くなったのを知った日から3か月、となります。

ここで注意したいのは以下の例です。
これは認められません。

『 相続放棄は3ヶ月以内にしなければならないことを知らなかった。

だから、その法律を知ったときから3ヶ月以内に相続放棄をすればいい。』  ・・・×

つまり法律を知らなかったので、仕方ないでしょう、では済まされないのです。

しっかり理解して、正しい選択をしたいですね。

ちなみに、相続を放棄すると、個人の負債の返済義務はなくなるとともに、プラスの財産についても相続できなくなります。

相続手続きを専門に横浜で活躍する
受取人指定の生命保険や死亡退職金は、相続を放棄しても受け取ることができるんですよ。
www.souzoku-shien.net

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む