相続権が無い内縁のわけ分はこうなる

相続権がないという不利益を回避する方法としては、「遺贈」すること

相続権がないという不利益を回避する方法としては、「遺贈」することです。「事実婚の配偶者に 相続する」と明記した遺言を作成する(公正証書遺言)か、生前にあらかじめ贈与税の対象にならない額を少しずつ名義変更しておく等の対策がとれます。

“相続権が無い内縁のわけ分はこうなる”の詳細は »

かなり厳しいのが相続の廃除の理由だ

相続自分の意に沿わない結婚を行なったというような理由では廃除にはなりません。

理由は以下のような例があげられます。

● 被相続人を虐待した場合
● 被相続人に対して、重大な侮辱を与えた場合
● 推定相続人にその他の著しい非行があった場合
●重大な犯罪行為を行い有罪判決を受けている。
・・・・一般論としては5年以上の懲役、無期または死刑に該当するような犯罪行為を指します。
“かなり厳しいのが相続の廃除の理由だ”の詳細は »

相続の遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止

被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。

908条 被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。
“相続の遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止”の詳細は »

権利をもつのは相続の受遺者も同じだ

受遺者となる者は相続人・外国人であっても受遺者になることができる・遺言を書くのなら頭に入れておこう

①受遺者=遺贈により相続財産を与えられた人
について

★受遺者となる人は相続人・外国人であっても
受遺者になることができる。
“権利をもつのは相続の受遺者も同じだ”の詳細は »

相続は放棄できるのだから遠慮しなくていい

相続人が被相続人と疎遠だったり、遠方に住んでいたりすると、なかなか遺産の状況調査が難しいこともあるでしょう。

相続財産にはご存知の通りとは思いますがプラスの財産(資産)とマイナスの財産(負債)があります。資産がすべてであったり、明らかに多い場合は問題ありませんが、借金やローンや保証債務などの負債が多ければ、そのまま相続すると財マイナスの債権を背負うことになってしまいますね。
“相続は放棄できるのだから遠慮しなくていい”の詳細は »

お香典や弔慰金と相続 の取り扱い

葬祭料などについては、通常の程度の価格ならば、相続税の対象になることはありませんよ。

香典の意味は葬式費用の一部を負担し、亡くなった方の家庭の負担を軽くするという意味があります。香典は喪主を通じて葬儀費用として当てられます。残った分は相続人の間で分配することもできます。
“お香典や弔慰金と相続 の取り扱い”の詳細は »

あなたの相続分チェックしてみましょう

あなたがどの立場であったら、どれくらい相続できるという目安を民法に基づいて作成してみました

相続については具体的な分配についての確定が非常に煩雑で、もしあなたが相続人になる場合でも誰がどれくらいもらえるのか?という部分が不明でわからないということも多いでしょう。
そこであなたがどの立場であったら、どれくらい相続できるという目安を民法に基づいて作成してみました。
“あなたの相続分チェックしてみましょう”の詳細は »

遺産の分割のための協議書 と相続の手続き

相続では口約束は争いごとの発端となることもありますので必ず証拠資料を残しておくことが大事ですよ

分割協議が相続人の間で成立すれば協議が成立したことを書面で残す分割協議書を作成します。
共同相続人の署名などを記入して捺印します。
“遺産の分割のための協議書 と相続の手続き”の詳細は »

相続と控除される贈与税 は規定がちがいすぎる

相続では、贈与税の配偶者控除と相続税の同じ名称の控除とは全然というほどに内容を異にするので注意です。

婚姻期間が20年以上である夫婦間(内縁関係は除く)での贈与には、お得な制度があります。これを贈与税の配偶者控除と呼びます。相続税の配偶者控除とは異なりますので注意してください。
“相続と控除される贈与税 は規定がちがいすぎる”の詳細は »

相続と離婚の財産分与のことを勉強する

離婚を手段として贈与税もしくは相続税逃れを図ったと認められる場合は、その財産を贈与によって取得したものとみなして取り扱かわれてしまいます

基本的に離婚の上に財産を分与する場合には贈与とはみなされません。
しかし不動産の分与では贈与者に所得税が課税されることがあります。
“相続と離婚の財産分与のことを勉強する”の詳細は »

最新の記事 »