カテゴリー: 昭和と違う遺産分割のこと

相続の遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止

被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。

908条 被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。
“相続の遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止”の詳細は »

権利をもつのは相続の受遺者も同じだ

受遺者となる者は相続人・外国人であっても受遺者になることができる・遺言を書くのなら頭に入れておこう

①受遺者=遺贈により相続財産を与えられた人
について

★受遺者となる人は相続人・外国人であっても
受遺者になることができる。
“権利をもつのは相続の受遺者も同じだ”の詳細は »

遺産の分割のための協議書 と相続の手続き

相続では口約束は争いごとの発端となることもありますので必ず証拠資料を残しておくことが大事ですよ

分割協議が相続人の間で成立すれば協議が成立したことを書面で残す分割協議書を作成します。
共同相続人の署名などを記入して捺印します。
“遺産の分割のための協議書 と相続の手続き”の詳細は »