遺言書の有無は調査しないとわからないです。

自分が遺言書を書いたことを相続人には伝えておくことが賢明です。 遺言書の存在をまったく知らなかった場合、自筆証書遺言であれば探してもらえないこともあるかもしれません。 公正証書遺言にしても、公証役場に問い合わせをしなければ、見つからないからです。

被相続人が遺言をしていた場合には、原則としてその遺言に従って
財産を処分することになります。したがって、遺言の有無を調査する
必要があります。
“遺言書の有無は調査しないとわからないです。”の詳細は »

遺族年金が支給されるチャンスがあります

年金を受給している方が亡くなられた場合には、残りの年金がもらえます。これを未支給年金といいます。

人が亡くなると、遺族年金を受給できる場合があります。
遺族年金というのは、実は正式な呼び方ではありません。
“遺族年金が支給されるチャンスがあります”の詳細は »

相続財産の調査方法として

名寄や預金残高証明書の発行を金融機関に依頼すると、被相続人の預貯金の口座は凍結されてしまい、 相続人であっても預貯金を引き出すことができなくなります。

被相続人の財産を引き継ぐ相続人が確定しても、その引き継ぐ相続財産が
何であるのかが分からなければ、その後の相続手続きを進めることができません。
“相続財産の調査方法として”の詳細は »

遺留分減殺請求権について知っておきましょう

遺留分減殺請求権については、相続開始、および自分の遺留分が侵害されていることを知った日から1年

 遺留分とは、民法で定められている一定の相続人が最低限相続できる財産のことをいいます。
亡くなった被相続人に遺言書があり、被相続人の財産は被相続人の晩年の面倒を看ていた二女に全て相続させると書いてあり
“遺留分減殺請求権について知っておきましょう”の詳細は »

関東南部にも雪が積もるようになりましたね

暖かい関東南部でも温暖化の影響で毎年雪が降るようになりました

今週天気予報では、関東南部にも雪が降り、約5センチほどになるので交通機関にも影響が
あるでしょう・・・と発表していましたね。
ところが残念ながら大騒ぎしていた割には横浜駅周辺はみぞれでした。
なんとなくがっかりしたような気もしましたが、一安心しました。


“関東南部にも雪が積もるようになりましたね”の詳細は »

親の面倒をみなくなった兄弟

どのような理由があっても遺産分割協議を白紙にもどすことはできないのです

親が高齢になると、兄弟のなかで誰が面倒をみるのかという話がでるようになります。
真摯に親のことを任せてくれ、と言いその通りに面倒をみてくれているならばいいのですが、
必ずしもそうでない場合があります。


“親の面倒をみなくなった兄弟”の詳細は »

相続手続をしないでそのままにしていいのでしょうか

やっかいなことはなかなかやりたくはないと思われるのですが、
相続手続きを行わないとどうなるのかご存知でしょうか。


“相続手続をしないでそのままにしていいのでしょうか”の詳細は »

秋の新宿御苑に行ってみました

何も予定を立てずにふらっと行ってみた新宿御苑は意外とのんびりできる穴場でした

先日、家族がめずらしく週末の部活やら出張などがなく、皆で都内のどこかに行ってみようということに
なりました。
私としては、もう少し足を延ばしてみたかったのですが、家族の意見で新宿御苑に初めて行ってみました。


“秋の新宿御苑に行ってみました”の詳細は »

昔の戸籍の漢数字の読み方について

古い戸籍には大字と呼ばれる漢数字を使って改ざんされないようにしていました

昔の戸籍を目にしたことがあるでしょうか?
毛筆で書かれたような達筆すぎる戸籍は読むのにとても難解のように感じられます。


“昔の戸籍の漢数字の読み方について”の詳細は »

借金まで相続したくない時の話

いつから3か月なのでしょうか。それは、「相続発生を知った時から3か月以内」になります。

亡くなられた方がプラスの財産だけ残されるケースばかりではありません。
中には、負の財産の方が上回っている場合があります。
負の財産、つまり、借金です。
“借金まで相続したくない時の話”の詳細は »

« 過去の記事